blog ブログ

HOME // ブログ // 子育てママさんサークルの講師

CATEGORY


ブログ

子育てママさんサークルの講師

三番目の息子は中三で高校受験の年です。

中学校からも「私立高校のオープンスクールに行くべし」とお達しがあり

早速行ってきました。

上の子二人も通った高校で

最寄り駅を降りたらお迎えの学生が立っており

「戦国無双仕様」のタクシーを用意してくれていました。



VIPだから。

 

 

 

 

 

 

というのは冗談で

こういうところが私立です。

学校行事の時にはバスと貸し切りタクシーでピストン運行。

歩いても行ける距離ですが折角なので利用させていただきました。

 

うちの子が在学中はずっと工事中でしたが

新校舎が完成し、大学か?くらいに設備が整い、きれいになっていました。

顔を覚えてくださっている先生方が数人いらっしゃって

「名簿見て、あれ?岩城さんのところかな、と思っていたんです」という先生あり

「見ましたよ!娘さん、大学のホームページにまで載っていましたね!頑張っているんですね!」という先生あり

(高校でもパンフレットやポスター、カレンダーなどモデルになっていました)

しばし懐かしく歓談も。

 

 

たった二年前に卒業したはずなのに

説明会を聞いていると

うちの子の時はシンガポールや台湾へ行った語学研修が

ケアンズと香港になり

当時必要だと購入させられた電子辞書はタブレットとなっていて

本当に、教育の世界の進化も早いなぁと思いました。

 

この日の前日は小中学校から案内があった教育の講演会もあり

これからの時代の大学や就職を視野に入れたお話も聞いてきました。

折角なので個別にお話も伺ってきました。

 

 

 

 

そんな、いろいろと新しい情報を仕入れた後に

まだよちよち歩いたりハイハイしたりするお子さんをお持ちのママたちの

サークルさんに

「お片付け講師」をご依頼いただき行ってまいりました。

 

情報過多で、

そして移ろいも早い時代です。

 

新しい情報と思っていたのに一年たったら全然違うということもあります。

だから、先のことばかり恐れずに

今を楽しく子育てしてほしいという思いや

最近珍しくなくなった発達障害の話や

なぜ片づけるのか、

どうしたら片づけられるのか、

 

いろいろな視点でお話をさせてもらいました。

 

15年前まで保育園や幼児園で働いた経験、

5人の子育てをしてきた経験、

そして

元片づけられネーゼでも片付けられるようになって人生ガラッと変わった経験、

時には笑っていただき

時には真剣にメモを取ってくださり

参加者の皆さんが前向きに、前のめりで聞いてくださって

反応がいいのは講師業をしていて本当にうれしい限りです。

 

代表の方の熱い思いをうかがっておりましたが

やはり、そこにつながる方は皆さん素晴らしい。

類は友を呼ぶってやつですね。

 

私は片付けの先生ですが

「片づけなさい」とは言いません。

片付けしなくても別にどうってことないのです。

片付けしなくても死にません。

 

片付けしなかったら死ぬ、というのであれば必死こいてお尻たたきますが

そんなことないのです。

 

でも、なぜ勧めるのかというと

 

片付けしたほうが何かと得


 

だからです。

 

出来ないことを指摘されて「ダメ人間」なんて言われたらやる気なんて一瞬で無くします。

でも、できたら得なの。

お得情報なの。

私は片付けで

時間的余裕、精神的余裕、経済的余裕が得られたんですよ~。

 

そんな風に言われると

ちょっとやろうかな?という気分になりませんか。

 

この日、お天気が悪くて

そんな中子どもさん連れて

午前10時に会場にやってくることだけでも超人技です。

 

昨今、親が子どもに手をかけて命を奪ってしまう悲しい事件が多く報道されています。

先日は新聞で、統計を取り出してから

去年が過去最低の出生数という記事が一面に載っていました。

子どもを産んで育てている中で

悩みは当然出てきます。

中には自分を責めているお母さんもいます。

上の子に「こんなことをしてしまった」と悩むママも。

 

でも。

鮭って、卵を産んだら死ぬんですって。

魚にとって産むということは命を懸けた一大事。

他の動物なら死ぬほどのことをして

尚「死なないように世話をしている」だけでも立派すぎるわけです。

 

「先生の話を聞いて、やっちゃいけないことをやっていたと後悔しています」

と教えてくれたママに

 

「後悔せんでもええんです。過去は変えられないから、悩む必要なし。

今知った時点から、次はこうしようって変えれたらいいじゃないですか~。

悩んで変えられるなら必死で悩めって言いますが、悩んでも変えられないなら悩むだけ損!」

と答えると

 

なるほど~!!ほんまや!

と笑ってくれました。

 

「下の子の世話を頼むのを、かわいそうなことをしているのではないかと思ってしまう」

というママには

「かわいそうっていう目で見るのが一番かわいそうだから、それは変えてみましょか~。で、下の子の世話そしてくれるのは、ありがとう、でいいんではないでしょうか」

 

と、うちの長女の話をしてみました。

10歳で一番下の妹が生まれて、その年の誕生日には

「私専用のおんぶ紐が欲しい!」というほどよくお世話してくれていました。

その経験がいろいろなスキルとして役立っているといいます。

かわいそうな子やな、というとかわいそうな子になります。

かわいい子やな、というとかわいい子になります。

 

 

ママのかかけてあげる言葉って子どもにそのまま伝わります。

だからこそ

前向きに、よい言葉をかけていってほしい。

 

そのためにはママがご機嫌でいること。

そうなるために片付けは有効って話。(←結局ここ)


 

※くどいようですがあくまで「有効」って話で「何が何でもせねばならないこと」ではありません。

 

楽しくて時間があっという間!

来月もお願いしますとおっしゃっていただき

来月もサークルにお邪魔します。

 

また小さい子たちに癒されに行けると思ったら

マンモスうれぴー。

 

 

 

 

<ご案内>

2019年6月17日月曜日岩城自宅でお片付け教室をします。

10:00~14:00(ランチ付き)

参加費は7000円

テーマはリビングです。お希望があり、書類の整理も詳しく行います。

以前もリビングがテーマでやりましたが綺麗をキープするための「リセット習慣の作り方」など

モノを整えると同時に時間の節約にもなるお話や、岩城自宅のリビング収納も見ていただけます。

参加ご希望の方は右上のお問い合わせフォームからお申し込みください。

キャンセルポリシーもよくご覧ください。)

 

 

 

☆コラム更新されています。衣替えいらずのクローゼットのヒント←クリックで飛びます。是非ご覧ください。
☆新年度が始まり講師のご依頼もいただいております。お気軽にお問い合わせください。
☆ヘナ会やりたい!という方がいらしたら岩城自宅で開催しております。こちらもお気軽にお問い合わせください。

<宣伝です>
私の著書、アマゾンで絶賛発売中です。

片付けの話、母として、妻として、いろいろな視点で書いています。
「岩城美穂流お片付け道~子どもが五人いても片付く部屋作り~」(←ここをクリックでサイトに飛びます)

あっという間に読めちゃう本です。
私はこんな人なので難しい話は書けません。
ゆるっと、「こんな人でも変われたんだったら私にもできそう」と思っていただけると思います。
Amazonで買いにくい方は私の自宅に在庫もありますのでお声掛けください。
PayPayでの支払い対応です。

私に会う際に本をお持ちいただけましたら表紙の裏にあなただけの「岩城の片付け語録」を書いて差し上げます。
是非、買って読んで会ってあなただけの一言をゲットしてくださいね!
そしてレビューの投稿もしてくださったらもれなく私が小躍りして喜びますのでよろしくお願いいたします。

今日もお読みくださりありがとうございました。
↓写真クリックでブログ村のほかのお片付けブログも見れます。
ポチっとしてくれると私への投票にもなりますので是非「いいね」の感覚でクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧