blog ブログ

HOME // ブログ // 誰のための片付けですか

CATEGORY


ブログ

誰のための片付けですか


私ばっかり片付けてるやん!





なんでみんなやってくれないの?





そこは皆さん通る道かも知れません。私もそんな時がありました。今なら分かる。





そら、どこに片付けたらええかわからんかったら片付けようがないわなー!!





今ではキッチンでもみんな綺麗に片付けてくれます。




誰かのために私が犠牲に、という考え方ならしないほうがマシだと思います。だってしんどいもん。





私が片付けたいから片付ける。





人の為人の為って聞こえはいいけど漢字にすると「偽」いつわりです。偽善者の偽?





私も最初は自己満足の片付けでした。ご飯食べるの忘れるくらい没頭して、手伝ってー!と言いながらシステム作りからしました。今思えば上手に巻き込んでました。





どっちがいいと思うー?と聞くだけで相手の意見も入り認識ができます。





そのうち、部屋が片付くことで「私ってイケてるかも」と嬉しくなって、自信持っていろんなことをするようになり。





なんのために片付けるのか。誰のために片付けるのか。





これを自分の心に置いておくと納得して片付ける事ができます。





私は自分が好きなインテリアにしたいとか、家にいる時間が1番長いからその場所を居心地良くしたい、ハッキリ言うと自宅に招いたお友達に褒められたら嬉しい、子どもが友達連れて来ても恥ずかしくないようにしていたい、という自分のためにやりました。





片付けのメリットも充分理解してるので、子どもたちに対しても、やった方が得やでーという程度で。





あなたのために、良かれと思って、というのはただのお節介ということも多い。





だから私は自分が楽しそうにやってるのを見せて、それで暮らしや私自身の変化も子どもに見せて、折に触れては「片付けできひんかったら昔のあーでこーでそんなままやった。」みたいな話もします。





5人の子育てに必死で目の前のことしか取り組めていない時期はほんとに大変で。お金も時間もなかったし、お金がないが故に友達付き合いもギスギスしたり。





それが片付けするだけで変わるからホンマにやらな損やと思います。





そんなにリッチで金持ちになれたかというとそうではないけれど、少しずつ欲しいものをゲットしたり。片付けラレネーゼのままだったら絶対にできなかった事もできるようになりました。





毎月旅行したり。コロナ前は海外もしょっちゅう行ってました。韓国でもマカオでもカジノは負けたけど。ラスベガスでは三度目の正直で勝てるかな??コロナが明けたら行きたい。





お金貯まったとかではなく、使い方が変わって死に金がなくなり、安かろう悪かろうを手にしなくなったのはかなり大きい。お金も道具なので上手に使えるようになったのかも?





以前は千円のもの5個買うのは抵抗ないのに五千円のもの一個が買えない。そんな感じ。





でも今はそれができるようになりましたし、後者の方が良いものを少しだけ、そして気に入ったものを長く使えるというメリットがあります。お鍋やフライパンでそれを実感。





千円のフッ素加工のフライパンを使い捨てみたいにしょっちゅう買い替えて使ってましたが、数年前から南部鉄器のフライパンや卵焼き器に変えてずっと機嫌よく愛用中。何年も使ってます。子どものお弁当箱も値段がはった曲げわっぱ。曲げわっぱは娘が引っ越ししても持っていくらしい。高校からずっと使ってるし気に入ってるからと。遠慮がちに「ちょうだい」と言って来たのでプレゼントします。





1枚2,000円のお皿を7枚揃えて普段使いにするようになったら所作も変わった気がします。





今度、息子と2人で長女の引っ越しの手伝いの帰り一泊してくるのですが、





安いところ探すとなんと2000円台から泊まれる。でも、次男と2人で泊まることなんて多分これが最初で最後ちゃう?と思い、箱根のちょっと良い温泉を予約してましたが、息子が「ホテルって感じのところがいい」と。良くわからんオーダーに対し





ホテルって感じってことはカタカナやな!と思ってオーシャンビューのプリンスホテルをチョイス。息子にホームページ見せたら「やった~👍友達と出かけたりする時はきっとこんな所泊まれへんやろうしなー」と喜んでました。





モノより思い出。お腹膨れないことに気持ちよくお金が使えるのは嬉しい。





主婦は特に、夫のために、子どものためにとか言いがちだけど、本当のところは「夫に何かして喜ばせられる自分」や「子どもがやりたいことを眉ひとつ動かさずええやん!やりー!と余裕で応援してあげられる私」になる事が私の幸せだと知りました。





あなたの幸せは?誰のためにそれをやるの?ちょっとだけ自分のことを考える時間も作ってくださいね。


ブログ一覧