blog ブログ

HOME // ブログ // 犬との暮らしを楽しむ片付け

CATEGORY


ブログ

犬との暮らしを楽しむ片付け


うちには、それはそれは可愛いワンコが二匹おります。





サマーカットしてますが、パピヨンです。保護犬。こっちはパルちゃん。女の子。大股開きしてるからわかるか・・・




こっちは男の子、ボーちゃんです。二匹とも保護犬。パピヨンらしいのはこれです↓




可愛すぎて母乳が出そう・・・




保護犬を迎える場合は、ペットショップで買って来るのとはわけが違うので、保護団体の方が「犬を飼育するにあたって良い環境かどうか」を確認に来られます。





それは、今までつらい思いをしてきた子たちが二度と悲しい思いをしないように、命を全うするその日までちゃんと責任をもって家族として迎え入れてくれる家族かどうかも見られるのです。





おかしな人がいて、動物虐待目当てで引き取る場合も無きにしも非ずだそうです。または転売?





犬を迎えるということは、赤ちゃんを迎えるということと同じような気がします。新しく家族が増える。そしてワンコはうちは3~4歳の時に来たパルちゃんと6~7歳で引き取ったボーちゃん。





人間の知能では2歳児くらいだそうです。





ホントに二歳児と思うのは、私が出張で泊まりなのに階段の下で上を見て鼻泣きして「ママを呼ぶ」とかお風呂やトイレでは出待ちをしていたり。家に帰ってくると一目散に「おかえりー!!」と飛びついてきます。





人間の子どもを五人育ててきましたがほんとに二歳児並みです。





来た当初は私のことも信用してもらえずで(虐待されてきた子なので)目も合わせず吠えることもせず、体重も2キロ無くて死にそうな感じでした。





今では体重も倍で、しっかりセコムとアルソックのように家の前を人だ通っただけで吠えまくり、車のエンジン音で帰ってきたことがわかり、叱られるとちゃんとへこむ。ご飯が大好きになって、頂戴アピールがすごいです。





春から秋にかけて屋上でバーベキューしますが賢いアピールをしてお肉をもらいます。




私は、片付けられないときにも犬を飼っていました。





ミニチュアシュナウザーですが





これが私のせいで短命だったのではないかともうトラウマのようになってしまって、亡くなってから10年犬は飼えませんでした。





病気ばかりだし、生まれた子どもはアレルギーだし、でも家族だし。家がぐちゃぐちゃでしたから出しっぱなしの米袋をあけられて、生米を大量に食べていて家に帰ったらあちこち下痢だらけだったり。





子どものおむつはごみ箱に入れていたのにそれを倒されて開けられて、おむつを食いちぎられていたり。吸収ポリマーまで食べていたようですごく具合が悪くなってしまったり、吐きまくったり。そのうちクレヨンまで食べ散らかされてうんちがレインボーうんち・・・





そんな過去があったのでもう犬は飼わないと決めていましたが、片付けができるようになり、保護犬の存在を知り、うちで引き取ることができると一匹でも処分される命が救えると考えました。





そしたら、犬も愛情をかけるとどんどん目つきから顔つき、風貌まで変わります。こちらとしても余裕があるので穏やかに犬のいる生活を楽しめる。





うちは完全フリーで飼っているので、ケージはありません。寝るときも一緒。最初ベッドで一緒に寝るけど、ワンコが自分でぐっすり寝たいというタイミングでベッドから降りてベッドサイドの自分の寝床で寝ます。





昼間も好きな場所でのんびり過ごしている様子は出かけている先でも室内カメラで確認済みです。





そして、片付けをしているので犬が散らかしようがないというか、全く問題なく過ごしています。ついでにトイレも家にはおいていません。お散歩のときと、昼間外に連れ出したり、で事足りています。





なのでお客様が来られても





においもしないし、傷んでいるところもないし、二匹も犬がいる家とは思えない、と言われるのがとても嬉しいです。





散らかった部屋にいるとイライラしたりやる気がなくなったり、不要なものにエネルギーを吸い取られるような気がします。





犬って人よりもずっと敏感ですから、前飼っていたワンコはもしかしたら散らかった部屋でお留守番のストレスでものに八つ当たりとかしていたのかな?と思ったりします。





朝から家事をサクッと終わらせて





ママ、もうルンバも帰ったん?




掃除も終わって





あんなところやこんなところ、好きなところでくつろぐワンコ。




ふらふらと移動していびきかいて寝ていたり。どこもきれいにしているのでどこで寝てもよし。この端っこが好きなのはきっとファンを回しているので角に涼しい風がたまるんでしょうね。(ちなみに畳もワンコに優しく汚れが水拭きできる和紙のものに変えました。最初のイグサだとささくれみたいなのが出てくるので食べちゃうとよくないかな?と)





犬も人も心穏やかに過ごすには片付けは必須です。これは私の体験談から。





人間の赤ちゃんが来るときにも部屋の安全を見直します。ぜひワンコを迎えるときにも部屋の安全や、また是非ペットショップで「買う」のではなく保護犬を迎えるという選択をお願いします。





ペットショップで売られている子たちのお父さん、お母さんはうちのパルとボーでした。虐待されてまともな暮らしをしていません。走ったりジャンプするどころかちゃんと歩けない、まっすぐ座れない、お皿からご飯を食べれない、歯がほとんどない大人になってしまうような暮らしをしてきたのです。





ペットショップでの需要がある限り、そこが儲かる限りこの悪夢は続きます。





一匹でも多くの子が救われますように。





ママ!お昼寝しよか?щ(゚Д゚щ)カモーン








☆オンラインで個別相談をします。片付けのこと、コロナ禍の仕事のこと、子育てのこと、なんでも相談してください。お試しで、2時間税込5500円。振り込みの他、PayPayやLINE Payの送金可能。ご希望の方は当ホームページ【お問合せフォーム】またはLINEやメッセンジャーでもお受けします。





【岩城美穂お片付けチャンネル】は数ヶ月に一度の頻度で更新中。先日コメントに高評価頂き小躍りしております。是非チャンネル登録お願いします。





【KTVハウジングコラム】も更新中。子育て中のママさんはぜひこちら、【マシュマロクラブコラム】をご覧下さい。毎月更新です。






ブログ一覧