blog ブログ

HOME // ブログ // 片付けで手放す事が怖いあなたへ

CATEGORY


ブログ

片付けで手放す事が怖いあなたへ


片付けの基本はまず捨てること!!!





と言いますが私はあまりこの書き方はしていません。





捨てる、ではなく「手放す」「卒業」「譲る」と、その時々に応じて言い方を変えます。





その理由は「捨てる」ってなんかキツいイメージがある気がするためです。





一度は自分の手元にやって来て迷う対象のものを「捨てなさい」というのは無理矢理引き離すに近いニュアンスがありそうで。





私も元々捨てられない人だったから。その辺はナイーブな問題として取り扱います。言葉ってギフトにもなるし刃物にもなるし。





私の持論ではモノが捨てられない、部屋がモノだらけの人はお金も上手に使えないのではないかと思います。





お金持ちの、いわゆるセレブと呼ばれている方のご自宅へコンサルに行ったこともありますが、そういうお宅は、入ってすぐに「すみません、どこ片付けるんでしょう?」と聞きます。本当にそうなんです。





ものが少ないんです。





例えば。幅が120センチほどで3段ある棚には





洋書が3冊ほど、





バカラの素敵なフォルムのワイングラスが二つ、





アロマキャンドルのセット





クリスマス限定のシャネルの化粧品が入っていた箱





くらいしか置いてません。





それでもなんかスッキリしないとおっしゃるので、コツを教えて差し上げると





うわ!ほんと!これだけでスッキリ!掃除もしやすい!





と喜んでいただけました。





そんな感じ。その最中にウエッジウッドの限定のティーカップセットが届いて





開けて見せてくださり「これどこに置いたら良いかなと思って。柄もすごく珍しいし」と。お酒はお召し上がりになられないので、バカラのワイングラスもワインではなくワイン並みのお値段の高級葡萄ジュースを楽しまれるそうで。





見せたいのか。使用頻度はどれくらいになるのか、など聞いて場所を決めてしまう。はい終わり。





そんな事でもあなたの時間を買っているのだから、と気持ちよくお支払いくださりお昼までご馳走になる、という事がありました。





テレビドラマでも、お金持ちの家を作る時のセットは物を少なく、貧乏な暮らしの演出は物をひたすら集めてくる、とするそうです。昔テレビに出た時の打ち合わせで放送作家さんから伺いました。





起こる現象は何きっかけで始まるかわかりません。よく、鶏が先か卵が先か、ということも言いますが、





私みたいに片付けられるようになって余裕ができるのか、お金持ちの考え方があるから片付くのか。





もしものが減らせなくて困っている人がいたら、周りにお金持ちがいないから探してご飯でもご一緒させて頂けるとそういう考え方、マインドを学べるかも知れません。





私の場合は片付けで自分のレベルが上がったので付き合う人も変わりました。そしたらまたその上の人が現れて、の繰り返し。





稼げる脳みその人は総じて「無駄がない」のです。お金の無駄はもちろん、時間の無駄も嫌がるし、健康にも気をつける。それはそこを大事にしないと損害がどれほどかわかってるから。お酒を召し上がられる方もいらっしゃいますがそれは相手との会話が広がるようにワインの知識だったりを持っておられて本当に嗜む程度とか味見程度の方が私の周りには多いです。





良いものを手に入れるのは投資だと考え





無駄なものは損害と考える。





また、人のために使うことは惜しまない。





それは、損して得取れとかいう話より、人との繋がりを大切にしてる現れだと感じます。





私は全くそんな域には到達していませんが





末っ子と買い物行って思ったのは、やっぱりそう言うマインドの近くにいられるようになれた私といる時間が長いから違うな、と思った事。





一緒にいる人から受ける影響は大きい。





お母さん!ミルクレープとティラミスどっちにしよう?!決められへん!もう、両方買う!





と、一回の自分のオヤツに小遣いから1000円近く払っちゃいます。





正月には鬼滅の刃全巻セット17000円を躊躇なくポチッと。





小遣い大丈夫?と聞いたら「あるもん」確かにお年玉の金額考えたらあるけど、と思い借金してるわけじゃないから良しとしましたら





みんなに漫画を読ませてあげて、ケーキも一口どうぞとあげてまわる。





そしたら「ありがとう」とお礼をいろいろもらうわけです。





まず出す、周りに与える。それでもっといいものが入ってくる。





鬼滅買ってお金なくなったー!グミ欲しかったのにー!と叫んだら





読ませてもらった兄弟がくれたり





じいじとばあばの家に行く時も「私がお土産買う!」と500円くらいで買ってめちゃ喜んでもらって帰りに財布を見たら5,000円増えてるとか。





人のために使いまくる娘の財布はいつも分厚いです。





お金もモノです。道具です。だから、モノもしっかりと出してあげる事で更に良いものがやってくる。





呼吸も吐くことに意識しないと吸うことばっかりしたら過呼吸になります。





騙されたと思って何でも「まず出す」をやってみてください。その時はなるべく気持ちよく。惜しむ心にならないように。





あ、ただし自己責任でお願いしますね。


ブログ一覧