blog ブログ

HOME // ブログ // 情報のカミとシモ

CATEGORY


ブログ

情報のカミとシモ


ある人から数年前に言われた言葉について、今やっと実感しているところです。





飛行機が好きだけど、もう乗らないかもしれない。




「この世の中、なんでも上(カミ)と下(シモ)があってね。上の方の情報を取らないと損するのよ」





これを聞いたとき漠然と二つの経験を思い出しました。





流しそうめんと、学生の時の思い出。





前の家に住んでいた時、よく流しそうめんをしていました。周りに竹林がたくさんあって、子供会でも何でも夏になったらいたるところで流しそうめんです。流しそうめんというと、そうめんが流れるのですが、私たちはミニトマトだのキュウリだのいろんなものを流していました。





上のほう?手前のほう?にいる子は好きなものを取り放題ですが、背が小さい下の方にいる子は残り物だけ。





「小さい子がかわいそうだからみんなちょっと遠慮しなさい~」と言ったら、心優しい大きな子たちが譲ってくれたり、踏み台をもってきて前のほうに立たせてあげたり、もうお腹いっぱいだから、と抱っこして取らせてあげる子もいました。





もう一つの学生の時の思い出は、今思えばご両親の職業とか、いわゆる「富裕層」のお友達から「好きなレターセット選んだら3000円もらえるから一緒に行こう」と言われたのです。





当時の私にとってそれは大金です。一瞬「え?」と思った。でも、その子自身は怪しい子じゃないし、家もちゃんとした家ですし、成績優秀、文武両道タイプでしたし、友達数人とついていきました。場所は市民会館の一室で中に入ると女子がヒィヒィ言って喜びそうな色とりどりのレターセットがめちゃくちゃあったんです。





紙を渡され、これにチェック入れて出口で渡すようにと言われて。好き、嫌いどちらでもないみたいな五段階だった気がしますが、それにチェックを入れ、全体の中で好きなものの番号をベスト3くらい書くように指示がありました。





友達とあれも可愛い、これも好き、と楽しく選んで番号をチェックしたり、それを渡したら封筒に入ったお金をくれました。その時、なんだかこんな簡単にお金をもらってはいけない気がして、親には言えませんでした。うちの親は「お金は額に汗して得るもの」といつも言っていたので親の教えには反します。私があまりにも「こんな簡単にお金もらったらダメな気がする」というので二度と誘ってはもらえませんでした。ほかの友達はたまに同じようなものに誘われたらしく、帰りに服を買ったとか盛り上がるのを見て複雑でした。





それと似てる気がしたのです。





当時理解できなかったアレは、今ではわかります、実際マーケティング関係で同じように「ただな上に報酬もらう」という仕事もありますし、モニターなんかも似てるかもしれない。自分が大人になっていろいろ勉強し、飛込み、やってみて「額に汗して働く以外の稼ぎ方がいい」と私自身思ったのでそうするようにしています。





自分の立ち位置がどのあたりか、によって流れてくる情報は違います。





同じ情報がやってきても「そんなうまい話はない」という人は取りこぼしますし、それどころか「怪しいのではないか」と自ら遠ざける人もいます。





それのいい例がありました。





宝石を扱う友達ができて、自宅には大きなアメジストの塊の柱みたいなものとか、テーブルの天然石のでっかいやつとか、そんなのがたくさんあって。





滋賀県民暦のほうが長くなってしまいましたが、生まれたのも育ったのも大阪ですからすぐ「これなんぼ?」と聞くいやらしいやつです。





いつも彼女は「これ、市場価格では・・・」という言い方をしていましたが、それがわかった。「95%オフで買える展示会」みたいなのがあるんです。しかもそれ、知り合いがいないと会場に入るだけで5000円の入場料がかかるのに、知り合いがいたらただ。ちなみに私には毎年VIPチケットが送られてきます。5人までお友達の枠ももらっています。





以前、母から譲り受けた宝石のリメイクで、自分でデザインも決めて指輪を作ろうと思ったら70万円ほどを提示されてびっくりして。その話をしたら





・宝石のリメイクはその地金を使っているわけではない





という衝撃の一言も知りました。母の形見とか言ってリメイクする人いるけど同じではないというのでびっくり。ドライな話ですが「それなら売ってそのお金で新しく買う方がいい」というわけです。思い出という言葉が好きな人は注意してね。騙されてますよ。





そして、その、お安く買える会に参加すると世界中の宝石商が集まるイベントで、本当にあちこちで信じられない価格で売ってます。私が欲しかったデザインのものは三連になっていてダイヤがびっしり詰まったものでしたが、95%オフ。町の宝石屋さんや百貨店に並ぶと100万円近くするのです。宝石の値段ってあってないようなものらしい。





これ、知っているだけでかなり違いませんか?





先日は、よく覗きに行くフランスのインポートを扱うお店でワンピースを買おうと思ったら。いつもの店員さんがこっそり「あと一週間待ったら30%オフのセールが始まるのでその時買ってください」と。取り置きしておきましょうか?とまで。





一週間待ったら5000円ちょい安くなりました。これ、娘がアルバイトしていた時の日給です。情報があるかないかでそれだけの差があります。





別件でも、注文しようと思って担当者に連絡したら、「今すぐ絶対にいりますか?そうでなければ2週間ほどお待ちいただくとキャンペーンしますので是非その時に」と教えてくれました。これでいつも1万円相当分くらい得をさせていただいています。





それについては「そういう人たちとかかわる」ことだと教えてもらったんです。





自分にとって欲しい情報を手に入れようと思ったら、「素敵だな」「あこがれるわー」と思う人とつながること。それは今の自分のレベルよりも上の人じゃないと、同じフロアにいる人なら同じような情報しか持っていません。





以前節約主婦代表だった私には「何曜日はどのスーパーで卵が98円だよ!!」という情報ばかりあふれていました。「どこそこスーパーは何時以降に行ったら値引きシールがあるけど、こっちは朝一に昨日の売れ残りが安くなってるから」とか。





節約の努力してもそれは月にしても1万円もいかない。10円安い、50円安い、なんてあっという間に意味がなくなるというか、安いものを探してあちこち買い回り結局ガソリン代のほうが高くついてるとか。





自分がどうなりたいか、で付き合う人を変えないと、今のままでは頑張りまくって現状維持か、落ちるだけです。特に40過ぎたら・・・。





いつ始めても遅いなんてことはなく、気づいたときが行動の時だと感じます。





付き合う人が変わって、情報の入り方が変わって。なんか知らんけど得してるやん?生活の質は明らかに上がったよね?





それはやっぱり「付き合う人」のおかげであり、せいであるのかもしれません。









付き合う人も自分で選ぶ。そして自分にとって正解は何かと考えたとき、きっと「納得できるか」なんでしょうね。





冒頭かいた「もう飛行機には乗れないかも」。海外メディアの情報で今の流行り疫病の予防のアレを打つと血栓ができやすくなるので搭乗拒否させることが起こりうる」というのを知りまして。





なのに日本の航空会社はパイロットやCA賛意優先的にしています。





高度が上がると血管もキューっとなりますから。私はしなくても命を預ける人がもし上空で何かあってはこちらも道連れです。





取り合えず菅総理が「治験中」という2023年でしたっけ?それまでは飛行機は避けないといけないかな?そうなると、ANAマイレージめっちゃたまってるけどどうしよ~!!というのが目下の悩みです。





あ、ちなみにこれも情報です。私は飛行機にお金出して乗ったことがない・・・。ラウンジも、クレジットカード見せるだけで3000円ちょっとする利用料がタダだし。









〈インフォメーション〉下記【 】内クリックでリンク先に飛びます。





片づけられなかったころの黒歴史はAmazonでお買い上げいただけます。






岩城美穂流お片付け道 ~子どもが5人いても片付く部屋作り~




☆オンラインで個別相談をします。片付けのこと、コロナ禍の仕事のこと、子育てのこと、なんでも相談してください。お試しで、2時間税込5500円。振り込みの他、PayPayやLINE Payの送金可能。ご希望の方は当ホームページ【お問合せフォーム】またはLINEやメッセンジャーでもお受けします。





【岩城美穂お片付けチャンネル】は数ヶ月に一度の頻度で更新中。先日コメントに高評価頂き小躍りしております。是非チャンネル登録お願いします。





【KTVハウジングコラム】も更新中。子育て中のママさんはぜひこちら、【マシュマロクラブコラム】をご覧下さい。毎月更新です。






ブログ一覧