blog ブログ

HOME // ブログ // 思考は現実化する!片付けも同じ

CATEGORY


ブログ

思考は現実化する!片付けも同じ


私はなかなかのエビカニアレルギーを持っております。





小さい時に毎年正月に食べてる何鍋を疑うことなく食べてアナフィラキシーを起こし入院。当時まだそんな言葉が無かったので誤診にて川崎病末期と診断、死の宣告を受けてます。





らしい!本人に告知はなかったけど「おかんが言うには」ってやつと「知らんけど」の合わせ技です。





小中の頃はよく蕁麻疹出来てました。





高校ではせっかくの北海道一周の修学旅行、全て海産物除去、肉ばっか食べてました。(それはそれで良い)





大人になっても子育ての頃で疲れやストレスがある時はよく蕁麻疹出てたし、給食にエビ入ってたー!でじんましん出たことも。(保育園で働いてた時は給食食べてました)





でもここ数年蕁麻疹出てなくて





異様にエビが食べたい!カニが食べたい!





となりまして。





ちょっとその辺詳しい方に「アレルギーは治るよ」「美穂さん治ったんじゃない?」と言われて、私もそんな気がする、いやそんな気しかしない!となりまして





思い切って生エビ食べました。





想像してみてください。37年間食べてなかったエビ。プリプリで甘くて何と美味しい!!





念のため、夫が休みの前日夜に食べてみたけど何ともない。ただただ美味しかった。





思えば、「蕁麻疹出るかも」と思っていたら出る気がします。怖い怖いと思っていたら怖いのと同じ。





数年前までかっぱえびせんだべても蕁麻疹出てたけど、それも食べたら出るかな?と思ってたのは事実。常にそれを気にしてました。だって、ひどくなったら点滴打ちに行かないといけないのですから。色々躊躇するし食べられないのを正当化して「私はアレルギーです!」と自分に言い聞かせていたのかも。





30センチ幅、10メートルの板の上を歩けと言われたら歩けるのに、それが地上30メートルの場所で歩けと言われたら落ちる想像をしてしまい、落ちたらどうしようと思うことで動けないんですって。





それと同じようなもんかなーと。(ちがう?)





人の本能で「食べたい」ならいけて「危ない」ならやめておくといえシンプルな方がいいのかな、と思いました。





ただし、これは私の体験談であり、誰でもそうかはわからないので、良い子は真似しないでね。やるなら自己責任でお願いします!!





けどそれを思うとなんでも脳みそがそうだと理解したら良いのかも、と思えてきました。





片付けをする前、世間では子供1人育てるのに2000万円かかると新聞で見てうちは一億いるのかー!お金ないー!





からの「お金ない」がインプットされ、子だくさんの貧乏人に。するとどんどん貧乏が板につく。





人の意見や情報、考え方なども精査して選択する事ができたら、あれよあれよと貧乏から脱出。





先日実家に行った時、母から「娘が自分でベンツ買って孫乗せてやってきて、ウチの駐車場にベンツ停まってるなんてー❤️ウヒョヒョ」と言い出して大笑いしました。





娘の不憫な姿を見て心を痛めていたのは母だったのでしょう。





全てお金、ではないけれど、お金を上手に道具として正しく使えるかどうかは大きいと思います。





なので、思い込みは外してフラットに見てみるとあたらしい世界があるかもしれません。





私は何者でもない。だから何者にでもなれる。





アレルギーもないし、家はスッキリ片付いてるし、豊かで人生楽しませてもらって神様ありがとうー!





と思ってたら幸せどんどんやってくるかもね。引き寄せってそう言うこと?





まずはいつも部屋が片付いてると思い込んでみましょう。すると、「あれ?今日は何で散らかってるの?」と違和感が生まれてサクサク片付くかな?知らんけど。





この前チラッと食べたいと言っていたフルーツサンド。頼んでいないのに、夫が突然買ってきてくれて子どもたちに食べられないように名前まで書いて冷蔵庫の見えにくいところに入れておいてくれました。これも食べたい=食べられるはず、と言う思い込みから??パパありがとう😊

ブログ一覧