blog ブログ

HOME // ブログ // 居心地のいいレベル

CATEGORY


ブログ

居心地のいいレベル


この春中学に上がった娘は、最初「めちゃ楽しい〜❤️」からの「いややー」となり、気持ちのジェットコースターを体験しています。





何が嫌なの?と聞いたら「楽しみはお弁当しか無い」という。「お弁当があるから行くねん」と。幼稚園の頃から姉と兄のお弁当を見てきて羨ましがってましたから分かる。





あんなに楽しみにしてた部活も「体験に行ってるけどやりたいのはどれもいまいち」「考えてない部活の先輩が、場所わかる?とかめちゃ優しくしてくれて揺れる」とか。最初バレーボールしよかな❤️と盛り上がっていて、その後バドミントンしよかな、となって。部活体験で場所がわからず校舎内で迷ってたら優しく声かけてくれる素敵な先輩は吹奏楽部と美術部。うちの子の中学はちょっとややこしい作りなので私も何度も迷ってます。





そうやなぁ。この前まで小学校でいきなり中学やしなぁ。急に何もかも変わったからちょっと戸惑うなぁ。まぁ、何でも慣れやから、ゴールデンウィーク明けくらいまでは「一つも楽しいことがない」なら休んだらいいし一個でも楽しみがあるなら行ってみたら?と伝えました。





子供のうちはこんなふうにわかりやすい経験を積んでコンフォートゾーンを上げることができますが、大人になると強制的に上がる仕組みは無くなります。





自主的に自分を上げる行動をしないといけない。





思えば、初めて保育園で働いた時。当時髪の毛巻いてマニキュアしていわゆるちょっとだけギャル風だった私。20歳で1人目産んで、年子で2人でしたから。子どもが子供育ててるとかあんなのまともな子育てしてるわけないとサークルでは聞こえるように周りから非難されて。そんな時に人が足りないから来て欲しいと頼まれて。通勤の時、というか、保育室で着替える前に出会った年配の先生から「あなたのその格好は教育者として相応しくないから改めなさい!」と廊下で大きな声で怒られたことが。自覚が足りなかったかもですが、いわゆる「まともな服」持ってないし、みたいな感じで帰りに近くのスーパーで地味な安い服買って帰ったのを覚えてます。(着たくもない服なので1番安いの買った)





それがだんだん先生らしくなって来るわけなので環境と慣れが人を変えるのだと思います。良いとか悪いではなく。





片付けの仕事始めた時は初めての講師では何着ていったら良いかわからず。自分がセミナーやる前にセミナー的なものにいろいろ参加。「講師の服装」を見に行くのです。内容よりも講師の服ばかりチェックです。でも皆さんフツーに見える。





当日は私の中で「最高に講師っぽい服」のつもりですが行った先で服のチョイス失敗したかな?と思って1人反省会したり。それも慣れです。今は好きな服着て行きますが何も気にならなくなりました。





同じようにちょうど3年前初めて一人で仕事で東京行った時。これまためちゃくちゃ頑張って行きました。









銀座で「フジサンケイビジネスアイ」の取材だったのでこれでもかと背伸びして行きました。FENDIのスーツにフェラガモのパンプス。自分に自信がないのでアイテムに頑張ってもらった。でも背筋が伸びない自分がいたり。自信ないと猫背になりますね😅そういえばこの時、行きは夜行バスで行きました!懐かしい。しんどすぎてこの日の帰りから新幹線。次から新幹線か飛行機しか乗りませんがその経験も宝です。





その2年後も六本木にある某会社の本社に初めて行った時、めちゃ頑張ってイケてるつもりで行ったけど、周りが凄い人だらけで居心地が悪過ぎるのと、高層ビルのかなり高い所だったので怖いのとで早く帰りたい!!吐きそう・・・となりました。





でもその半年後同じ場所に行った時は居心地が良くなってたんです。





場馴れというか、何というか。きっと自分の「当たり前」が変わって違和感がなくなったのでしょう。





そして同じように、1人で東京に行くのも、最初は新幹線乗ってもドキドキ、飛行機なんて2時間も前に着いて搭乗券握りしめて無駄にあれこれ心配したりしてましたが、





今は「15分前に通れば良いから。」「チケットはスマホだから最悪スマホと財布あればどこでもいける。」





そんな感じでどんどん身軽になりました。コロコロとスーツケース引っ張っていくことも減った。





そして1番変わったのは、安いホテルから探すのをやめたこと。





いつも価格の安い順、に探してました。一泊だけだからお風呂入れて寝れたら良い、と。





それが、ある時、ベッドは大きくてよかったけどすごく狭い部屋で。ロケーションもイマイチで、寝ててもすごく圧迫感でしんどくて。それから考えを変えました。





かつては安いホテルの予約取るのも「ほんとに出かけるよ?!いいの?!」みたいに清水の舞台から飛び降りる感じでしたが、先日は思いつきで娘にラインしてその日にちょっと良いホテル予約しました。





関東で一人暮らししてる、社会人になったばかりの娘に空間をプレゼントしようと思って。ワンルームでお風呂が狭いって嘆いてたけど。私の一人暮らしの時はバストイレ一緒になったユニットバスだったので贅沢なー!と思いますが今までぬくぬく育てたので仕方あるまい。









娘と国内で2人で泊まるのは初めてかもしれない。韓国や台湾には一緒に行ったけど、台湾の時も五つ星のラグジュアリーホテルだった。韓国の時はごく一般的なホテルでしたがそこそこいい感じでした。でも、そこで娘の喜ぶレベルが「最低でも四つ星」だと分かりました。今回は五つ星。慣れない新生活の疲れをとってもらえたら嬉しい。





ピンからキリまである両端を体験させてあげることはなかなか難しいですが、ある程度の幅を経験させて自分の居心地の良いところはどの辺か、を認識するのも大事かなと思います。





そして、上に上がる時はちょっとしんどかったりちょっと痛みがあることも。私は「居心地がめちゃくちゃ悪い」となることが多く。けど2回目3回目となるともうそこが好きになったり。





幸い私には先を走っている人がナビゲートしてくれて、いろんな経験をさせてくださる方が周りにたくさんいらっしゃいます。





今度はそれを私も周りにしていく番かなと思ったら、まず家族、と思いました。





諦める、やめるのはいつでも出来るからまぁ、石の上にも三年っていうし、3年やってみたら?とかとりあえず一回挑戦してみたら?とか。





私は個人事業主ですが、8年目になりました。3年もたすのが大変、3年以内の廃業が6割以上とかいいますが、正直順調でなくても何となく廃業しないだけの人もあると思うのでもっと高い廃業率かなと。これが10年になると9割高い廃業率です。





私の場合は3年くらいの時が1番気力体力あふれる年齢でもありましたが40過ぎたら自分の中で働き方改革をしました。無理なく続けるのが1番かな、と。今はまたそれを進化させています。





40過ぎると体しんどいわ🤣





細くても長く続けるのは信頼も得られます。以前某社長からあなたは信頼できるからとお仕事をいただき、食事しながら何が信頼できるのか聞いたら「結婚生活長いでしょ」と。「子ども5人いてて浮気も不倫もなく同じ旦那でずっと夫婦仲良くいられる人は信頼できると僕は思った」「仕事の付き合いもある意味会社同士の結婚みたいな感覚じゃないかな」と言われて「片付け関係ないやないかーい!」と心の中で突っ込みつつそんな所をそう評価する人もいるのか、と思って調子に乗って「お弁当もずっと継続して作ってます。もう20年くらい」って言ったのにそれは「すごいなー」だけでスルーされましたけど。





世の中のうまく行ってる社長を見ているとみんな優雅に遊んでるように見える😁そんな人たちの中にいるとまだまだお尻がむずむずするのでそのレベルに達していないのは明確です。





娘たちも、口数は少ない息子たちも頑張ってるから私も。あ、夫も🤣





4月から新学期が始まり、私は手帳を変えました。心機一転、当たり前のレベル、コンフォートゾーンを更にグイッと上げる今年度にしたいです。





〈インフォメーション〉オンラインで個別お片付け相談をします。お試しで、2時間税込5500円。振り込みの他、PayPayやLINE Payの送金可能。ご希望の方は当ホームページ【お問合せフォーム】またはLINEやメッセンジャーでもお受けします。





【岩城美穂お片付けチャンネル】は数ヶ月に一度の頻度で更新中。先日コメントに高評価頂き小躍りしております。是非チャンネル登録お願いします。





【KTVハウジングコラム】も更新中





子育て中のママさんはぜひこちら、【マシュマロクラブコラム「いつも片付いた部屋にしようとしない】をご覧下さい。


ブログ一覧